温室除湿

施設栽培とは、園芸作物の栽培方法のことです。保温、加熱、光透過、その他の設備(冷床、温床、温室など)とそれに対応する技術的手段を用いて、好熱性植物を寒さから保護し、成長と早期の開花結実を促進するものとする。温室栽培は17世紀末にフランスで始まりました。当時は柑橘類などの果樹栽培が主体でしたが、その後ブドウ、桃、イチゴなどの栽培も拡大しました。

現代の温室は一般的に広い面積をカバーしており、多くの場合は複数スパン構造になっています。温室内には、加熱、冷却、照明、遮光、換気、除湿、灌漑、施肥設備、二酸化炭素発生装置などが設置され、植物のより良い成長と発達のために内部環境条件を調整します。

施設栽培のメリット

管理された環境農業

1. 改良品種の栽培範囲を拡大し、生育期間と生果実供給期間を延長します。温室栽培により生育期間を大幅に延長することができます。有効積算温度が上昇し、霜のない期間や絶対的な低温などの不利な要因が克服されます。長い生育期間、高い有効積算温度、および高い安全な越冬温度を必要とする植物は、高山地域で生育できます。

2. 早期結実、高収量、安定した収量。温室は、露地栽培でよく遭遇する低温、降雨、強風の害に効果的に抵抗できるため、受粉と受精がスムーズに行われ、結実率が向上し、果実が十分に発達します。さらに、果実は収穫後の栄養の蓄積期間が長いため、枝や芽の成熟が促進され、継続的に高収量と安定した収量を得る良い基盤が築かれます。

3. 迅速な結果と高い経済効果。温室は、市場の閑散期を補うリアルタイムの果物の供給を実現します。

施設栽培の制限要因

一部の植物の成長に必要な湿度

ストロベリー グロウ テント

柑橘類の成長に必要な相対湿度は 75%、相対土壌水分含有量は 60% ~ 80% です。土壌水分が20%〜40%になると桃の木の生育が最も良くなります。未熟な果実の生育時の相対湿度は 45% ~ 50%、土壌水分含量は 60% ~ 70% です。梨の木の成長に必要な相対湿度は60%〜80%です。

サクランボの成長には湿度も必要です。開花期の相対湿度は40%~60%に保たれます。果実の膨張中、相対湿度は 60% に制御されました。発色期から成熟期までは相対湿度を50%程度に管理します。

近年登場した大麻栽培でも湿度管理は欠かせません。湿気が多すぎるとカビが発生して植物が枯れてしまいます。湿度のバランスをとるために、温室内に除湿機と加湿器を設置する必要があります。生育期の相対湿度は50%~70%、開花期の相対湿度は50%~60%とします。

Preair PRO 温室用除湿機

プレエアPRO シリーズ除湿機は、温室の除湿に最適です。このシリーズの機械は高い除湿能力があり、隠された方法で設置でき (天井取り付け、壁取り付け、または地面に設置)、インテリジェントに制御でき、使用中に室内の湿度レベルをリアルタイムで監視できます。この機械は植物の成長に最適な湿度範囲に応じて調整できるため、栽培者が最大限の経済的利益を得ることができます。温室に設備がない場合は、プロの除湿機, Preair では、確実に収穫できるよう、高効率で省エネの PRO シリーズ温室用除湿機をまとめ買いすることを強くお勧めします。あなたが提供するすべての情報と要件に従って、私たちは専門的な温室除湿スキームを提供します。


投稿日時: 2022 年 12 月 13 日
  • 前の:
  • 次: